PM見習いのよしなしごと

エンジニアもどきのよしなしごと改め。仕事とか関連の備忘録

P4VでUE4のバージョンアップ管理

こちらは 東ゲ部 Advent Calendar 2018 10日目の記事です。 adventar.org

あんまり入ってる人がいないので、今からでも書いてやんよっていう人がいたら、書いてくださると嬉しいです。

P4Vを使って、UE4のバージョンアップ管理を行う際に、なるだけ機械的に行うため手順をまとめたので、こちらに記載しようと思います。

前提としての説明

ストリームの種類

f:id:usui3153m:20181209153726j:plain
ストリームの種類

Usuiのほうで利用しているエンジンのストリーム構成

f:id:usui3153m:20181209132314j:plain
ストリーム構成

本題

エンジンのバージョンアップ手順

f:id:usui3153m:20181209134855j:plain
エンジンのバージョンアップ手順

おまけ(現在のゲームプロジェクトでの、ストリーム構成)

f:id:usui3153m:20181209155846j:plain
ゲームプロジェクトでのストリーム構成

考えられる懸念点不明点問題点

・サーバー側で追跡されなくなったファイル群は、ローカルのワークスペースには 追跡されなくなっただけで残っている 状態になるので、動作不具合を残してしまう場合がある。

(都度Clean するとか、ローカルのワークスペース全部削除して、Get Latest し直すとかすれば良いんですけど、いくらデータ取得が早い・エンジンのバージョンアップ頻度が少ないとはいえ、その度それを開発者側にお願いするのはどうかなーと思っていたりします。)

・エンジニアが取得したくないファイルを、個別にその都度指定しないといけないため、手作業によるミスが起きそう。

(実際取得してこないといけないファイルも消してしまい、エンジニアがビルドできずに作業が止まるという問題を引き起こしてしまったことがあるので、どうにかしたい。正規表現での指定ができるようになりませんかね Perforce さん)

・エンジンの指定バージョン間の差分を、手動で取る必要があり、その都度データまるごとダウンロード・自社のPerforceサーバーに格納。というのが手間。 (エンジンの指定バージョンの差分だけ取得して自社向けのデータに反映したいんですけど、そういうことってできるんですかね Epic さん)

と、いうところでした。 東ゲ部のアドカレもう一日くらい書こうかな…。 東ゲ部と私っていう感じで。

次の日にどなたかが入ってくれるといいなーと思っているので、気が向きましたらぜひよろしくおねがいします。